ペリカンズのダンテ・カニンガム腓骨骨折で4~6週間離脱へ

【PR】

ニューオーリンズ・ペリカンズのダンテ・カニンガムが1カ月以上離脱する模様。

ペリカンズによると、カニンガムは右の腓骨を骨折し、4~6週間の離脱を余儀なくされるという。

ミネソタ・ティンバーウルブズ戦で負傷したカニンガムは、タイリーク・エバンス不在のチームにおいて主力のひとりとしてプレイ。

エバンスはまだ離脱中であることから、アルビン・ジェントリーHCはまたしても難しい采配を強いられることになりそうだ。

ソロモン・ヒルがカニンガムのポジションに入り、先発起用されると見られている。

今季のカニンガムは15試合に出場し、平均23.5分のプレイで5.6得点、3.9リバウンド、0.5アシスト、FG成功率39.3%、3P成功率41.0%を記録。

キャリアを通してポートランド・トレイルブレイザーズ、シャーロット・ボブキャッツ(現ホーネッツ)、メンフィス・グリズリーズ、ウルブズ、ペリカンズで通算527試合に出場し、平均21.0分のプレイで6.0得点、3.7リバウンド、0.7アシスト、FG成功率46.7%、3P成功率29.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読