タージ・ギブソン「ここに戻ってくるとGMに伝えた」

【スポンサーリンク】

シーズン中のトレードでシカゴ・ブルズからオクラホマシティ・サンダーに移籍したタージ・ギブソンは、この夏にFAになる。

スティーブン・アダムスと共にインサイドの要として活躍したギブソンには、複数のチームがオファーを出すだろう。

一方、現時点でギブソンはサンダーとの再契約を希望している模様。

ギブソンはシーズン終了後の面談でサム・プレスティGMに対し、残留希望を伝えたという。The Oklahomanが伝えている。

「サム(・プレスティGM)に伝えたかったんだ。俺はここにいたいということをね」

問題はサラリーキャップだろう。

サンダーはラッセル・ウェストブルックのサポートできるボールハンドラー、そしてアウトサイドシューターを求めており、この夏のFA市場で獲得に動くと噂されている。

果たしてギブソンは来季もサンダーのユニフォームに袖を通すのだろうか。

なお、今季のギブソンはブルズとサンダーでレギュラーシーズン78試合に出場し、平均25.5分のプレイで10.8得点、6.2リバウンド、0.9アシスト、0.8ブロックショット、FG成功率51.5%、フリースロー成功率71.5%を記録。

プレイオフでは5試合に出場し、平均23.6分のプレイで9.8得点、3.6リバウンド、0.6アシスト、FG成功率60.0%、フリースロー成功率87.5%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA