ポール・ジョージ サンダーとの再契約を示唆?

【スポンサーリンク】

契約をあと1年残しているポール・ジョージは、このオフのトレードでオクラホマシティ・サンダーに電撃移籍した。

来年夏にロサンゼルス・レイカーズと契約するという噂が飛び交う中、ラッセル・ウェストブルックがサンダーと延長契約を交わしたことは、ジョージにとっても大きな意味を持つことなのかもしれない。

ウェストブルックと自身の将来について、ジョージは次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「彼がここにいるのを約束したことは、たくさんの意味をもたらす。その(FAになる)時が来たら考える。俺にとって、その決断はより簡単になるだろうね」

ジョージだけでなく、ウェストブルックにも来年夏にレイカーズへ移籍するのではという噂が出ていたが、サンダーと延長契約を結んだことにより、レイカーズへの移籍はほぼなくなったと言えるだろう。

ウェストブルックがこれからもサンダーでプレイすることは、ジョージのサンダー残留を大きく後押しするかもしれない。

一方で、ジョージはこうも語った。

「彼はサンダーのままでいたかったんだと思う。だけど、誰もがまた同じ状況になるだろう。そういうことさ。彼は彼の決断を下さなければならなかった」

ジョージがレイカーズに移籍するか、それともサンダーに残留するかは、2017-18シーズンの内容次第ということになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA