ベン・シモンズ「ジャンパーが加わればもう少しリスペクトを得られる」

【スポンサーリンク】

ルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いたフィラデルフィア・セブンティシクサーズのベン・シモンズは、すでにリーグトップクラスのパフォーマンスを見せている。

だが、より偉大なプレイヤーになるためにはミドルレンジジャンパーや3P、フリースローを改善しなければならないだろう。

シモンズ自身もそれを理解し、この夏は時間を無駄にすることなくトレーニングに明け暮れていたようだ。

シモンズは自身について次のようにコメント。slamonline.comが伝えている。

「昨季は得意なことをやろうとした。みんなを巻き込み、リムに向かって攻め、プレイメイキングするというね。不得意なことはやろうとしなかったんだ」

「もし俺に80.0%のフリースローが加われば、5点くらい上乗せされる。ちいさなことをコツコツと積み重ねれば、偉大なプレイヤーになれる。ジャンプショットがあれえば、チームからもう少しリスペクトを得られるだろう。それにプレイの幅が広がるし、ディフェンスを切り裂けるようになる。この夏、すごく取り組んでるんだ」

これからのリーグを牽引していくだろうシモンズ。

来季はプレイの幅がさらに広がり、ますます手のつけられないパフォーマンスを見せてくれそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA