ルカ・ドンチッチ ワールドカップ予選を辞退

【スポンサーリンク】

今年のドラフトでダラス・マーベリックスに入団したスロベニア出身ガードのルカ・ドンチッチは、チーム再建の鍵となるであろうプレイヤーのひとりだ。

また、ルーキーとはいえ、ドンチッチにとっても重要なシーズンとなるだろう。

それを認識しているドンチッチが、2018-19シーズン開幕までの時間をNBAでの準備に費やす決断を下したようだ。

yardbarker.comによると、ドンチッチは今月開催されるFIBAバスケットボール予選にスロベニア代表として出場しないことを決断したという。

もちろん、マブスでのルーキーシーズンに備えるためだ。

NBAと国際バスケットボールとではボールの大きさや3Pライン、さらには一部ルールなどに差があるため、ドンチッチとしてはNBAルールを早く身体になじませたいところだろう。

19歳という若さながらもユーロリーグでMVPに輝き、鳴り物入りでNBAに加わったドンチッチ。

ルーキーシーズンはスタープレイヤーとなれる可能性を示し、マブスを再建に導いてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA