デマーカス・カズンズ 故郷にバスケットボールコートを寄付

【スポンサーリンク】

この夏にゴールデンステイト・ウォリアーズと契約したオールスターセンター、デマーカス・カズンズが、故郷に感謝の意を形で表したようだ。

アラバマ州モービル出身のカズンズは、新たなバスケットボールを設置するために25万ドルを寄付し、そのバスケットボールコートが晴れて完成したという。

「デマーカス・カズンズ・バスケットボールコート」完成に際し、カズンズは次のようにコメント。slamonline.comが伝えている。

「俺が道を逸れずにここで成長できたのはバスケットボールのおかげさ。この新しいコートが子供たちにバスケットボールに集中する機会を与え、ネガティブなことから遠ざけてくれるだろう」



昨季中にアキレス腱を断裂し、今もリハビリを続けているカズンズ。

コートに復帰した際にはウォリアーズをスリーピートに導くパフォーマンスを見せ、故郷にさらなる錦を飾ってもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA