【スポンサーリンク】

キャブス コリン・セクストンに落胆?

レブロン・ジェイムスを失ったクリーヴランド・キャバリアーズは、今年のドラフト8位指名で獲得したポイントガード、コリン・セクストンに、多大な期待を寄せている。

だが、セクストンのパフォーマンスは、現時点でキャブスの期待を大きく下回っているのかもしれない。

The Athleticによると、キャブスのベテランプレイヤーたちとフロントオフィスはセクストンのこれまでのパフォーマンスを見て、「バスケットボールを知らない」と感じているという。

さらに、ベテランプレイヤーたちは試合に敗れてもうんざりしないセクストンの姿勢を見て、がっかりしているとも報じられている。

オーナーを務めるダン・ギルバートのお気に入りであるセクストン。

今後もセクストンの成長に期待するのか、それとも他のプレイヤーに焦点を移すのか、キャブスは分岐点に立っているのかもしれない。

なお、JR・スミスはアトランタ・ホークスに敗れた後、ホークスのルーキーであるトレイ・ヤングをROY(ルーキー・オブ・ザ・イヤー)と称えた。

キャブスのベテランプレイヤーたちは、若手をサポートする余裕すら失っているのだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA