【スポンサーリンク】

ブレイク・グリフィン「できることはすべてやってる」

昨季中のトレードでロサンゼルス・クリッパーズからデトロイト・ピストンズに移籍したブレイク・グリフィンは、比較的怪我が多いプレイヤーだ。

クリッパーズで過ごした最後の2年のプレイオフは、怪我の影響で離脱したグリフィン。

だが、これを機に身体のケアに真剣に取り組むようになったようだ。グリフィンのコメントをRealGMが伝えている。

「できることはすべてやったと思った。ダイエット、毎晩ひとりでフォームロール、専属トレーナーとのトレーニング、チームトレーナーとのトレーニング、高気圧酸素室での睡眠、家では氷風呂。今もやってるよ」

グリフィンによると、クリッパーズで最後のプレイオフを終えた後、健康な身体を手に入れたいと強く望むようになったという。

その甲斐あってか、今季のグリフィンはキャリアベストのパフォーマンスを続け、ピストンズを11勝7敗という好成績に導いている。

レギュラーシーズンはまだまだ続くが、怪我なくこのパフォーマンスを継続してもらいたい。

なお、今季のグリフィンは18試合に出場し、平均36.3分のプレイで25.1得点、9.6リバウンド、5.1アシスト、FG成功率46.5%、3P成功率36.7%を記録。

キャリアではレギュラーシーズン通算547試合に出場し、平均35.1分のプレイで21.6得点、9.2リバウンド、4.4アシスト、FG成功率50.7%、3P成功率33.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA