ゲイリー・ハリス 股関節負傷で3~4週間離脱へ

【スポンサーリンク】

デンバー・ナゲッツのゲイリー・ハリスが、少なくとも3週間は実戦を離れることになった模様。

ナゲッツによると、ハリスは先日のトロント・ラプターズ戦で右股関節を負傷し、今後は1週間毎に様子を見ていくという。

現時点で離脱期間は明かされていないが、少なくとも3~4週間は離脱すると見られている。

つまり、復帰は年明けということになるだろう。

ナゲッツではハリスの他、先発フォワードのポール・ミルサップも足の親指の骨折で離脱。

ウェスタン・カンファレンス首位の座にいるナゲッツだが、しばらく難しい時間が続くことになりそうだ。

なお、今季のハリスは21試合に出場し、平均32.3分のプレイで16.6得点、3.2リバウンド、2.9アシスト、1.2スティール、FG成功率43.9%、3P成功率32.4%を記録。

キャリアではレギュラーシーズン通算276試合に出場し、平均28.7分のプレイで12.6得点、2.6リバウンド、2.2アシスト、1.3スティール、FG成功率46.6%、3P成功率36.6%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA