ドウェイン・ウェイド 最後のレイカーズ戦は「いつもよりスペシャル」

【スポンサーリンク】

今季限りでの現役引退を発表したマイアミ・ヒートのドウェイン・ウェイドは現地10日、キャリア最後となるロサンゼルス・レイカーズ戦を迎える。

今のレイカーズには親友でもあるレブロン・ジェイムスが所属しており、ウェイドとジェイムスがマッチアップするのもこれが最後。

それゆえに、ウェイドには特別な思いがあるようだ。

ウェイドはジェイムス率いるレイカーズとの最終対決について次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「レイカーズとの対戦はいつも興奮するものだよね。そして、レブロンがいる。俺たちの最後のマッチアップだ。普段のゲームよりスペシャルなものになるだろう」

「82試合のうちの1つと言うつもりはない。親友のひとりと対戦するだけじゃなく、偉大なプレイヤーと最後に対戦するゲームでもある。チームとして勝ちたい。ただ、この機会を味わいたいね」



互いに切磋琢磨し、確固たる地位を築き上げたウェイドとジェイムス。

明日の対戦は両者の集大成となるような好ゲームを期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA