【スポンサーリンク】

ヤニス・アンテトクンポ「ジョエル・エンビードとラッセル・ウェストブルックを選ぶ」

2019NBAオールスター投票の最終結果が発表され、イースタン・カンファレンスのキャプテンにはミルウォーキー・バックスのヤニス・アンテトクンポ、ウェスタン・カンファレンスのキャプテンにはロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスが選ばれた。

これにより、アンテトクンポとジェイムスが自チームのオールスタープレイヤーをドラフトすることになるが、アンテトクンポはすでに2人を指名することを決めているようだ。

アンテトクンポはオールスタードラフトについて次のようにコメント。si.comが伝えている。

「すべては愛だ。俺はラバーであり、ファイターじゃない。俺はジョエル・エンビードを指名するだろう。できれば同じチームにジョエル・エンビードとラッセル・ウェストブルックを入れたいね。俺はそうするよ」

エンビードとウェストブルックは先日の対戦で口論を繰り広げた。

愛にあふれるアンテトクンポは両者を同じチームに入れ、和解させようとしているのだるか。


アンテトクンポの目論見がうまくいき、愛のあふれたオールスターゲームになることを願いたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA