【スポンサーリンク】

カイル・ラウリー「まだ何も成し遂げてない」

フランチャイズ初となるファイナル進出を果たしたトロント・ラプターズは、王者ゴールデンステイト・ウォリアーズ相手に3勝1敗とし、タイトル獲得という偉業に王手をかけた。

ファイナル第5戦はラプターズのホームゲームとなるため、歴史的な瞬間を見ようと多くのファンが会場を訪れるだろう。

このような状況下においても、先発ポイントガードのカイル・ラウリーは冷静に物事を見ようと努めているようだ。

ラウリーは第4戦を終えた後、次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「俺たちはまだ何も成し遂げてない。何も成し遂げてない」

「彼らはディフェンディングチャンプだ。簡単にはいかないだろうね」

ラウリーはファイナル第5戦で10得点、7アシスト、3スティールを記録。

スコアリング面においては十分な働きをしたとは言い難いが、リーダーシップとディフェンスでチームを牽引してみせた。

ファイナル第5戦ではとてつもないプレッシャーがかかるであろうが、ファンの前でアグレッシブなパフォーマンスを続け、チームを鼓舞し続けるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA