フロントオフィス

Tagged
マジック・ジョンソン

レイカーズ フロントオフィスを刷新!

ロサンゼルス・レイカーズがついにフロントオフィスの刷新に動いたようだ。 ESPNによると、レイカーズはミッチ・カプチャックGMを解雇し、先日アドバイザーに就任したマジック・ジョンソンをバスケットボール・オペレーション部門の責任者に起用したという。 また、ジム・バスもバスケットボール・オペレーション部門代表から降格処分と...
ミッチ・カプチャック

レイカーズのミッチ・カプチャックGM「トレードの話し合いはアクティブ」

若手中心のチームに生まれ変わり、再建期を送っているロサンゼルス・レイカーズ。 今季もプレイオフに出場できる可能性は限りなく低いが、チームのアドバイザーに就任したマジック・ジョンソンは「2~3年はかかるだろう」との展望を明かした。 だが、現在のロスターを維持したまま再建するのではないかもしれない。 トレード期限を前にし、...
ガー・フォーマン

ブルズ ガー・フォーマンGMとジョン・パクソン副代表続投へ

ドウェイン・ウェイドとラジョン・ロンドをロスターに加えたシカゴ・ブルズだったが、ここまでは期待外れのシーズンを送っている。 安定したパフォーマンスを見せることができていないうえ、最近では現場とフロントオフィスの間の確執が垣間見えるなど、チーム内部の崩壊リスクも否定できない。 フロントオフィス刷新の声もちらほら聞こえる一...
マイケル・ジョーダン

ウォリアーズのジョー・ラコブ「マイケル・ジョーダンに73勝は意味ないと言われた」

ゴールデンステイト・ウォリアーズは昨季、レギュラーシーズン73勝というNBA記録を樹立した。 勢いそのままに、クリーヴランド・キャバリアーズとのファイナルでも3勝1敗と王手。 だが、キャブスに歴史に残る逆転優勝を許し、ウォリアーズの連覇はならなかった。 それから数カ月後、団体契約交渉後にNBAチームのオーナーたちとディ...
ランディ・ブラウン

スパイ疑惑のランディ・ブラウンAC「眠れない」

シカゴ・ブルズのジミー・バトラーは先日、チームのロッカールーム内にフロントオフィスのスパイがいることを明かした。 ブルズの複数のプレイヤーもバトラーに賛同したものの、誰がスパイなのか明かされることはなかった。 だが、元ブルズのリチャード・ハミルトンが「ランディ・ブラウンの言うことは聞くな」と明かしたことにより、ブラウン...
レブロン・ジェイムス

デイビッド・グリフィンGM「レブロン・ジェイムスが残してる年を利用しないなら我々の恥」

連覇を狙うクリーヴランド・キャバリアーズは、トレード期限までにプレイメイカーやビッグマン獲得に動くと噂されている。 レブロン・ジェイムスがキャブスのフロントオフィスにプレッシャーをかけており、チャールズ・バークレーはジェイムスを批判。 だが、キャブスのデイビッド・グリフィンGMはジェイムスがいる間に可能な限りタイトルを...
デイビッド・グリフィン

キャブスのデイビッド・グリフィンGM「必要なのはプレイメイカー」

クリーヴランド・キャバリアーズは先日、アトランタ・ホークスとのトレードでシャープシューターのカイル・コーバーを獲得した。 一方で、チームの大黒柱であるレブロン・ジェイムスはかねてから信頼できるバックアップポイントガード獲得を求めている。 約1カ月後に迫った期限までにバックアップポイントガード獲得に動きと見られていたキャ...
ミッチ・カプチャック

ミッチ・カプチャックGM「若手にはコービー・ブライアントに近いキャリアを期待する」

ディアンジェロ・ラッセルやジョーダン・クラークソン、ジュリアス・ランドルなど若手ホープを豊富に擁するロサンゼルス・レイカーズだが、今季もプレイオフ進出は難しい状況となっている。 一部ではトレードの噂も浮上しているが、今季中に若手ホープをトレードで放出することはないだろう。 レイカーズのミッチ・カプチャックGMはトレード...
フィル・ジャクソン

フィル・ジャクソン球団社長 婚約者のジーニー・バスと破局

ニューヨーク・ニックスのフィル・ジャクソン球団社長とロサンゼルス・レイカーズ共同オーナーのひとりであるジーニー・バスが破局した模様。 17年という長い時間を共にしてきたジャクソンとバス。 だが、ジャクソンがニックスの球団社長に就任したことにより、遠距離恋愛のような形となっていたようだ。 ジャクソン球団社長によると、破局...
ジョージ・カール

ジョージ・カールの著書 キングスへの批判を一部カットか

1月に発売される予定の著書の中で、ジョージ・カールはカーメロ・アンソニーやJR・スミスなど元デンバー・ナゲッツのプレイヤーを批判していると報じられている。 また、サクラメント・キングスのデマーカス・カズンズやブラデ・ディバッツ、ビベク・ラナディベに対する批判も含まれているとされていたが、この部分については削除されるよう...