プレイヤー

Tagged
ジェイムス・ハーデン

ジェイムス・ハーデン「俺は休むつもりはない」

クリーヴランド・キャバリアーズがロサンゼルス・クリッパーズ戦でレブロン・ジェイムス、カイリー・アービング、ケビン・ラブにビッグ3に休養を与えたことで、スタープレイヤーの休養欠場が再び問題として浮上している。 リーグのコミッショナーを務めるアダム・シルバーもこの事態を問題視していることが明らかになったが、今季のMVP筆頭...
サージ・イバカ

乱闘のサージ・イバカ「自分を守らないといけなかった」

トロント・ラプターズのサージ・イバカは、日本時間22日のシカゴ・ブルズ戦でロビン・ロペスと殴り合いの乱闘を引き起こした。 イバカが先にロペスに接触し、それに怒ったロペスがイバカの持っていたボールを叩き落したことで乱闘に発展したと思われるが、イバカはこの乱闘を振り返り、次のように説明。ESPNが伝えている。 「互いに押し...
カーメロ・アンソニー

カーメロ・アンソニー「他の誰かの状況を見る必要はない」

2003年のドラフト3位プレイヤーであるカーメロ・アンソニーは、リーグを代表するスコアラーに成長したものの、いまだタイトルを獲得できていない。 同時のレブロン・ジェイムス(ドラフト1位)、クリス・ボッシュ(同4位)、ドウェイン・ウェイド(同5位)はすでにタイトルを複数回獲得しているだけに、アンソニーも彼らに並びたいとこ...
レブロン・ジェイムス

レブロン・ジェイムス 渦中のラバー・ボールに「俺の子供の名前を口にするな」

渦中の人ラバー・ボールは先日、偉大なプレイヤーを父に持つ息子がどれほど難しい時間を送らなければならないか指摘し、レブロン・ジェイムスの息子を例として挙げた。 だが、ボールが息子に言及したことにジェイムスは我慢ならなかったようだ。ジェイムスのコメントをESPNが伝えている。 「俺の子供の名前をお前が口にするな。俺の家族の...
クリスタプス・ポルジンギス

クリスタプス・ポルジンギス「内側から言うのは簡単」

ニューヨーク・ニックスは内部崩壊の危機に陥っている。 プレイヤーからチームの体制を疑問視する声も出始め、今後に不安を残す状況となっているが、キャリア2年目のクリスタプス・ポルジンギスは少なくとも前幹に考えているようだ。ポルジンギスのコメントをthescore.comが伝えている。 「『俺たちは良いチームじゃない』と内側...
デイビッド・ヌワバ

レイカーズ デイビッド・ヌワバと2年契約

ロサンゼルス・レイカーズが2度の10日間契約が満了したデイビッド・ヌワバをロスターに留める模様。 The Verticalによると、レイカーズはデイビッド・ヌワバと2年契約(来季はチームオプション)を結んだという。 24歳のヌワバは高い身体能力が魅力のシューティングガード。 10日間契約中は豪快なダンクやブロックショッ...
レブロン・ジェイムス

レブロン・ジェイムス タイロン・ルーHCについて「俺を間違いに導いたことはない」

クリーヴランド・キャバリアーズのタイロン・ルーHCは先日のロサンゼルス・クリッパーズ戦で、レブロン・ジェイムス、カイリー・アービング、ケビン・ラブのビッグ3に揃って休養を与えた。 キャブスのビッグ3を観るためにチケットを購入したファンはさぞがしがっかりしたことだろう。 また、この起用法は問題視されており、NBAコミッシ...
ジョン・ウォール&ブラッドリー・ビール

ブラッドリー・ビール ジョン・ウォールとのバックコートは「リーグベスト」

ワシントン・ウィザーズのジョン・ウォールとブラッドリー・ビールの間には亀裂があった。 それが昨年夏に明るみとなり、今季への影響が懸念されたが、ウィザーズはシーズン序盤は苦しい時間を過ごすも、現在はイースタン・カンファレンス3位と好調だ。 ウォールとビールも息の合ったプレイを見せ、チームを牽引していることから、関係はすで...
ジョエル・エンビード

ジョエル・エンビード「キャリア終盤はポイントガードとしてプレイしたい」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビードは、インサイドだけでなくアウトサイドでも勝負できるビッグマンだ。 ボールハンドリングにも優れ、今後のNBAを牽引していく逸材として注目されているが、すべてのポジションでプレイしたいと思っているようだ。 エンビードは自身のキャリアプランについて次のようにコメント...
ジェイムス・ハーデン

ジェイムス・ハーデン「ゲームに愛と情熱を注いでなかった」

ヒューストン・ロケッツのヘッドコーチに就任したマイク・ダントーニHCはジェイムス・ハーデンのプレイメイキング能力を見抜き、スコアリングできるポイントガードとして起用した。 これが功を奏し、ハーデンは新たなプレイスタイルを確立。 だが、ハーデンはダントーニHCによってプレイスタイルだけでなく、ゲームに対する姿勢も変えられ...