【スポンサーリンク】

ジャーメイン・オニール NBA引退を検討か?

ゴールデンステイト・ウォリアーズはロサンゼルス・クリッパーズとの激闘の末、プレイオフ・ファーストラウンドで敗退することとなった。

センターのアンドリュー・ボガットを負傷で欠いたウォリアーズは、プレイオフでの先発にドレイモンド・グリーンではなく、ベテランのジャーメイン・オニールを選択。

これはオニールへの信頼の証ともいえるだろう。

今季のオニールは、平均20.1分の出場で7.9得点5.5リバウンドを記録。

35歳という年齢を考えると、十分すぎるパフォーマンスだった。

そのオニールが、今季限りでNBAを引退するか迷っているという。

問題は金銭と健康にある。

来季、最低でも1,448,490ドル(約1億4800万円)で契約を結ぶことができるが、一度NBAから引退するとこの金額で契約できる可能性はなくなるだろう。

つまり、金銭を求めるなら現役を続行すべきだ。

だが、来季開幕前に36歳となるオニールは、ここ数年怪我に悩まされている。

この4年でオニールが出場できた試合は、44試合、55試合、25試合、24試合とシーズンの大半を欠場しているのだ。

もし現役続行を決断するのならば、FAとなる可能性が高い。

ウォリアーズに残留するかどうかは未定だが、誰がウォリアーズのヘッドコーチを務めるかという点もオニールの決断に影響を及ぼすだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA