【スポンサーリンク】

契約最終年のアンダーソン・バレジャオ「クリーヴランドで引退したい」

アンダーソン・バレジャオは、NBAキャリア全10年をクリーヴランド・キャバリアーズでプレイしている。

レブロン・ジェイムスが離脱した後も、そして復帰した今も変わらずキャブスでプレイしているバレジャオだが、2014-15シーズンは勝負の年となるかもしれない。

現在のキャブスはインサイドのディフェンスに弱みがあると言われており、それはキャブスのゼネラルマネージャーも認めていることだ。

もしバレジャオがインサイドを支配することができなければ、キャブスとの契約が切れ、完全FAとなる来年オフに影響してしまうだろう。

キャブスとの契約を1年残している今、バレジャオは次のように語った。

「クリーヴランドに留まりたい。彼ら(キャブス)は俺が何をしたいか知ってるし、(クリーヴランドに)留まりたいってことも知ってるよ」

そして、キャブスでNBAキャリアを終えたいか聞かれたバレジャオは、短く「そうしたい」とコメントしている。

長きに渡ってキャブスを支えてきたバレジャオをチームが手放すとは考え難いが、すべては2014-15シーズンにかかっていると言えそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA