【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビード NBA引退後はプロサッカー選手になると断言

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのルーキー、ジョエル・エンビードは、どうやらバスケットボール以外のスポーツにも興味を持っているようだ。

エンビードによると、バスケットボール選手としてのキャリアを終えた後は、プロサッカー選手としてプレイしたいという。

エンビードはTwitterで、次のようにコメントしている。

「サッカー選手はフロッピングが多すぎる!」

「レアル・マドリッドは俺のお気に入りのチームさ」

「バスケットボール引退後、俺は俺はレアル・マドリッド、アーセナル、リヨン、インテル・ミラノ、バイエルン・ミュンヘンのいずれかと契約する。いつの日かプロになれるさ」

エンビードはNBAの舞台でまだ戦ったことがない。

バスケットボール引退後の生活を考えるのは、まだ早すぎるだろう。

ただ、ミラノに所属する長友佑都選手との共演は見てみたいところだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    あなたまだNBAのキャリアすら始まって無いじゃないですか(笑)(・ω・)ノ引退後を考えるのは早すぎます(笑)(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      エンビード、アツいですよね(笑)

*

CAPTCHA