【スポンサーリンク】

シェーン・バティエ「シーズンゲームは60試合がパーフェクト」

現在のNBAで大きな問題のひとつとなっているのが、レギュラーシーズンのゲーム数だ。

現在、レギュラーシーズンのゲーム数は82試合となっており、この数が選手に大きな負担を強いていると言われている。

過酷なスケジュールをこなさなければならない期間も多く、それが原因で負傷離脱してしまった選手もいるだろう。

NBAではレギュラーシーズンの開幕時期を早める、もしくは6月まで延長することが議論されているというが、レギュラーシーズンのゲーム数については特に議論されていないようだ。

そんな中、昨季までマイアミ・ヒートでプレイしていたシェーン・バティエがレギュラーシーズンのゲーム数について言及した模様。バティエのコメントをnbcsports.comが伝えている。

「個人的には60試合がパーフェクトだと思う。あらゆるゲームがさらに重要になる。数週間も眠ったままというわけにはいかなくなるだろうね。ファンは世界ベストのバスケットボールプレイヤーたちによる高いレベルでの真剣勝負を見たいと思ってるんだ」

「すべてのチームは、数試合を放棄してる。知ってると思うけど。試合が終わった後にコーチが『大丈夫。明日は勝つさ!』って話すのはみんな分かってること」

「だけど、経済的な問題も解決しないといけないよね。それは私の得意とするところじゃないから、解決案は思い浮かばないけど。でもね、競争という観点、生産性という観点から考えれば、ゲーム数を22試合減らしたほうが良い試合になる」

一方、マイク・ダントー二は「経済的な問題から82試合未満に短縮されることはない」と主張。

ボストン・セルティックスのアシスタントGMを務めるマイク・ザーレンは「ゲーム数が問題なんじゃない。ゲームの時間枠が問題なんだ」としている。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 8 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ILOVENBA

    90年代や2000年代から82試合と言う試合数は問題視されてたのでしょうか?
    僕はあまり聞かなかったような気がするのですが…

    昔と今の何が違うのだろう?と最近、良く思います。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      自分もあまり耳にしませんでしたが、今と比べるとニュースを知る手段がなかったので、もしかしたらあったのかもしれませんね・・・

      確かに他のプロスポーツと比べると厳しいスケジュールだと思いますけど、試合数が減るのはファンとしても残念・・・
      複雑です(;_;)

  2. By kobe24

    カール・マローンも鉄人と呼ばれるほどの欠場の少ない超合金男でしたよね(・ω・)ノ昔のレジェンドも同じ過密日程だったのにこの差はなんだろうか(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      まあプロレス参戦するようなフィジカルでしたから(笑)
      トレーニングが科学化されすぎてるんでしょうかね・・・こればっかりはわかりません(;_;)

  3. By 匿名

    チェンバレンの平均出場時間48.5って神だわ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      キャリアでですもんね(^_^;)
      レギュレーションの時間を上回るって・・・

  4. By てりー

    マイケル・ジョーダンはキャリアの晩年まで82試合出てたけどなぁ…。って感じです。
    今のコービーの年で82試合先発して優勝したけど。。。
    まぁ神様と比べるのは駄目か

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      そうです、ジョーダンが異常です(笑)
      あのフィジカルが厳しい時代ですからね(゚д゚)!

      そういえば、デアンドレ・ジョーダンも2012-13から欠場なしですね!

*

CAPTCHA