【スポンサーリンク】

ホークスのネイト・マクミランHCが辞任を真剣検討か?

ホークスのネイト・マクミランHCが辞任を真剣検討か?

オフシーズン中のトレードでNBAオールスターガードのデジョンテ・マリーを獲得したアトランタ・ホークスには、NBAタイトル獲得の期待がかかっている。

だが、現時点で17勝18敗、イースタン・カンファレンス9位と、十分な成績を残すことができていない。

マリーやヤングなど主力選手たちが負傷離脱したことも影響しているのだろうが、ホークスを指揮するネイト・マクミランHCは現職を退任することを考えているのかもしれない。

hoopsrumors.comによると、マクミランHCは今季終了後にヘッドコーチ職を辞任することを真剣に検討しているという。

マクミランHCは先日、NBAオールスターガードのトレイ・ヤングがシュートアラウンドに参加せずに治療を受けていたところ、「ベンチから出場するか、アリーナに現れないか、どちらかを選べ」と迫ったと報じられた。

マクミランHCは報道を否定したものの、それ以降はマクミランHCとヤングの関係悪化の噂が取り沙汰されるようになった。

ホークスは今年7月にランドリー・フィールズをアシスタントゼネラルマネージャーからゼネラルマネージャーに昇格させると、先日バスケットボールオペレーション部門代表に昇格させた。

また、トラビス・シュレンクをバスケットボールオペレーション部門代表から上級顧問に配置換えし、上級顧問のロッド・ヒギンス、プロスカウティングディレクターのスティーブン・ジャイルズ、選手人事部門副代表のデレック・ピアースを解雇するなど、フロントオフィスの改革を進めている。

もしマクミランHCが辞任を決断した場合、ホークスはコーチ陣の改革にも着手するだろう。

なお、マクミランHCは先日、選手たちを指導することの難しさを口にしていた。

僕が現役だった頃、僕がコーチングを始めた頃と比べると、彼ら(現役選手たち)はゲームに対して違う見方をしている。

【スポンサーリンク】

コメントを残す