【スポンサーリンク】

ブレイク・グリフィン スタン・バン・ガンディは「すごくクール」

バスケットボール・オペレーション部門とヘッドコーチの仕事を失ったスタン・バン・ガンディは、デトロイト・ピストンズを完全に離れることとなった。

シーズン途中のトレードでピストンズに加わったブレイク・グリフィンは、バン・ガンディの解雇を惜しみつつ、次のようにコメント。USA Todayが伝えている。

「彼はすごくクールな男さ。ナイスガイ。それにおもしろい。俺たちのことを本当に気にかけてくれてたんだ」

グリフィンはシーズン終盤を怪我で離脱し、チームを導くことができなかった。

来季は別のコーチの下でプレイすることになるが、ピストンズをプレイオフ復帰に導く働きを期待したいところだ。

なお、ピストンズ移籍後のグリフィンは25試合に出場し、平均33.2分のプレイで19.8得点、6.6リバウンド、6.2アシスト、FG成功率43.3%、3P成功率34.8%を記録。

キャリアを通してロサンゼルス・クリッパーズとピストンズでレギュラーシーズン通算529試合に出場し、平均35.0分のプレイで21.5得点、9.2リバウンド、4.3アシスト、FG成功率50.8%、3P成功率32.4%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA