【スポンサーリンク】

スタン・バン・ガンディ「コーチングに専念するつもりだった」

デトロイト・ピストンズのバスケットボール・オペレーション部門代表、およびヘッドコーチを務めていたスタン・バン・ガンディは、どちらの職も失うことになった。

ピストンズのオーナーであるトム・ゴアの提案を受け入れることができず、チームを去ることになったとされるバン・ガンディだが、当初はバスケットボール・オペレーション部門の仕事から離れ、ヘッドコーチの仕事に専念するつもりだったようだ。

バン・ガンディは今回の解雇を受け、次のようにコメント。the Detroit Newsが伝えている。

「これに関して話すと、私はフロントオフィスの仕事を諦め、ひとつの役割に専念するつもりだった。コーチングだけにね。あの役割にしがみつく気はなかった」

「(グリフィンを)獲得してからフルシーズンをコーチングするチャンスがなくなったのは、残念だ。(ピストンズには)良くしてもらった。不満はないよ」

シーズン前半は先発ポイントガードのレジー・ジャクソンが離脱し、シーズン後半にはグリフィンが負傷離脱。

ジャクソンとグリフィン、そしてアンドレ・ドラモンドが共にプレイしたのは、わずか4試合だけだったという。

バン・ガンディは「不満はない」と話しているものの、後悔は残っていることだろう。

なお、バン・ガンディはヘッドコーチ職を続けることを希望しているようだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA