【スポンサーリンク】

NBAはジミー・バトラーの空白ユニフォームを承知していた?

NBAはジミー・バトラーの空白ユニフォームを承知していた?

マイアミ・ヒートのジミー・バトラーは、シードゲーム初戦のデンバー・ナゲッツ戦で名前もメッセージも入っていないユニフォームを着用し、試合に臨もうとしていた。

NBAから注意が入り、着替えるよう命じられたものの、バトラーのメッセージは確かにファンに伝わったと言えるだろう。

だが、バトラーが空白ユニフォームを着ることについては、NBAとNBPAも事前に知っていた模様。

バトラーのエージェントを務めるバーニー・リーによると、関係者全員がバトラーの計画を事前に知っていたという。リーのコメントをclutchpoints.comが伝える。

我々には(NBAコミッショナーの)アダム・シルバーと(NBPAエグゼクティブディレクターの)ミシェル・ロバーツというプロスポーツ界最高のリーダーがいる。

我々は最初のゲームまでの数週間、ジミーが選択したことについて頻繁に話し合った。

皆が見たのは、それらの話し合いの結果なんだ。

当初は誰も望んでいなかったが、時代を反映し、皆が順応性を持たなければならないということを反映したものになった。

ジミーにとっては非常に重要かつパワフルな発言をするためのプラットフォームと機会になったんじゃないかな。

NBAとNBPAはルール上完全に認めることはできなかったものの、バトラーの趣旨を理解し、計画を黙認したのだろう。

バトラーは「他の人々と自分は何も変わらない」ことを伝えるため、空白ユニフォームを着用。

残念ながら試合中に着ることはできなかったが、今後は他の方法でもメッセージを発信し続けるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA