【スポンサーリンク】

ブルズがジム・ボイレンHCを解雇

ブルズがジム・ボイレンHCを解雇

フロントオフィスを刷新したシカゴ・ブルズが、指揮官のジム・ボイレンHCを続投させるか、それとも新たなヘッドコーチを探すのか注目が集まっていた。

ここ最近は続投の噂が出ていたものの、最終的には新たなヘッドコーチの下で進んでいくことで一致したようだ。

ESPNの記者によると、ブルズはボイレンHCを解雇したという。

ボイレンは2018-19シーズン中にフレッド・ホイバーグの後を引き継ぐ形で臨時ヘッドコーチに就任。

だが、選手たちとのコミュニケーションに問題があると報じられていた。

なお、今年4月にブルズのバスケットボールオペレーション部門副代表に就任したアルトゥラス・カルニソバスは、ボイレンの解雇について以下のように話している。

総合的に評価した結果、私はリーダーシップにおいて新たなアプローチと進化が必要だと判断した。

非常に難しい決定だった。

だが、シカゴ・ブルズのバスケットボール時代において、我々のフランチャイズが新たな方向へ向かうために次のステップを踏む時が来た。

ジムはこの組織とバスケットボールゲームのことを深く考えてくれた素晴らしい人間だ。

フランチャイズに対してプロフェッショナリズムを持ってコミットメントしてくれた彼に感謝したい。

ブルズの次期ヘッドコーチとして現時点で噂されているのは、ケニー・アトキンソン、ウェス・アンセルドJr、エイドリアン・グリフィン、ダービン・ハム。

ブルズは長い再建期から抜け出せずにいるが、新ヘッドコーチには若手たちを成長させ、チームを強豪チームに復活させる手腕を期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA