【スポンサーリンク】

マイケル・マローンHCがNBAに「恥を知れ」

マイケル・マローンHCがNBAに「恥を知れ」

カンファレンスセミファイナルに進出したNBAチームの選手たちは、家族をバブル内に呼ぶことができる。

多くのNBA選手はバブル内で家族と再会し、安堵のひと時を送っているが、NBAが定めた規則によると、バブルに家族を呼べるのはNBA選手とレフェリーのみであり、コーチ陣の家族は認められていないという。

これに激昂しているのが、デンバー・ナゲッツを指揮するマイケル・マローンHCだ。

コーチ陣が家族を呼ぶことができないルールを決めたNBAに対し、マローンHCはは次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

選手たちは家族をここに呼ぶことができる。

レフェリーたちはゲスト1人まで認められている。

コーチたちは何も許されていない。

恥を知れ、NBA。

クレイジーだ。

私は家族に60日以上会っていない。

家族を呼ぶ権利を与えられないことは、本質的には犯罪だ。

コーチ陣は選手たちを快適にプレイさせ、チームを勝利に導くために昼夜を問わず働いている。

コートで戦うNBA選手たちと比べると肉体的負担は低いだろうが、精神的負担は相当なものだろう。

なぜコーチだけ家族を呼ぶことができないのか、NBAにはその理由を明らかにしてもらいたいところだ。

なお、マイアミ・ヒートを指揮するエリック・スポエストラHCはNBAの決定を尊重する立場をとっている。

コーチの家族やゲストをバブルに呼ぶ可能性を、NBAは完全にシャットダウンしたわけではない。

バブルに呼ぶ人数が増えるほど、何かが起こるリスクは高まるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA