【スポンサーリンク】

スタン・バン・ガンディの解雇理由は選手たちとの信頼関係?

スタン・バン・ガンディの解雇理由は選手たちとの信頼関係?

NBAプレイオフ進出を逃したニューオーリンズ・ペリカンズは先日、ヘッドコーチのスタン・バン・ガンディを解雇した。

わずか1年で解雇した形となったわけだが、多くのNBAファンが突然の解雇報道に驚いた一方で、ペリカンズの選手たちにとっては意外なことではなかったのかもしれない。

larrybrownsports.comによると、ペリカンズがバン・ガンディを解雇した大きな理由のひとつが、ザイオン・ウィリアムソンとブランドン・イングラムがバン・ガンディのコーチングスタイルに不満を感じていたことだという。

また、デイビッド・グリフィンなどペリカンズのフロントオフィスもバン・ガンディに不満を持っていたと報じられている。

グリフィンはウィリアムソンをメインのボールハンドラーとしてプレイさせることを望んだ一方で、バン・ガンディは若手よりベテランを優先的に起用。

また、グリフィンはよりスピード感のあるアップテンポゲームを求めたというが、バン・ガンディはそれに見合わなかったという。

いずれにせよ若手有望株を多く揃えるペリカンズにおいて、次のヘッドコーチには彼らの能力を引き出し、成長を促すコーチングを期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA