【スポンサーリンク】

NBAのファウルに対する新ルールの概要とは?

NBAのファウルに対する新ルールの概要とは?

近年のNBAゲームにおいては、オフェンス側に有利なルールになっていると言われている。

アトランタ・ホークスのトレイ・ヤングやブルックリン・ネッツのジェイムス・ハーデンのようにディフェンダーから故意にファウルを引き出し、フリースローでスコアリングを重ねる選手が増えつつある中、NBAはこの夏にファウルに対するルールを見直すという。

その概要が少しずつ明るみになってきた模様。

larrybrownsports.comによると、新たなルールにおいてはシューターが故意にディフェンダーに身体をぶつけたり、足を異常に広げたりした場合、オフェンシブファウルもしくはノーコールとする見込みだという。

また、オフェンスの選手が進行方向を逸脱してディフェンダーに向かっているか否かについてもファウルの判断材料になると報じられている。

まだ決定事項ではないものの、NBAレフェリーはこの夏に新ルールの講習を受ける見込みだ。

なお、新ルールはNBA2021-22シーズンから導入される予定であり、特にファウルをもらうプレイを得意としているNBA選手は新ルールに適応すべくプレイスタイルを調整しなければならないだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA