【スポンサーリンク】

グレッグ・ポポビッチHC「アメリカとヨーロッパのバスケットボールは近づいてきている」

グレッグ・ポポビッチHC「アメリカとヨーロッパのバスケットボールは近づいてきている」

ここ数年のNBAでは、特にヨーロッパ出身の選手たちの活躍が目覚ましい。

ミルウォーキー・バックスのヤニス・アンテトクンポやデンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチ、ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチがその代表例と言えるだろう。

現在開催されているユーロバスケットは彼らが出場していることもあり、大きな注目を集めているが、現地で試合を観戦している名将グレッグ・ポポビッチHCによると、NBAとヨーロッパのバスケットボールの溝はなくなりつつあるという。

ポポビッチHCはNBAとヨーロッパのバスケットボールについて、次のようにコメント。sportando.basketballが伝えている。

10年前、アメリカのバスケットボールは3ポイントとダンクを中心にしていた。

ヨーロッパのテレビで(NBAが)放送されるようになった時、皆も興奮したんじゃないかな。

ヨーロッパのバスケットボールは基礎、動き、ボールを持っている選手の動き、ボールがないところでの動きをベースにしている。

この2つの世界はしばらく離れていた。

だが、今は近づいてきている。

我々全員、特にコーチとマネージャーたちはそれを理解し始めている。

それにNBAに海外出身の選手が増えたことにより、素晴らしい基礎、異なるスキルを見られるようになった。

特にシューティングに関しては規律正しさを望む選手が増えた。

我々は基礎に戻って学び、ABCのゲームに戻ることを学んだんだ。

NBAスターたちを擁するチームUSAが国際大会で苦戦することも増えてきている。

ヨーロッパのバスケットボールが進化しているのは間違いなく、これからもたくさんのヨーロッパ出身NBAスターが誕生するだろう。

その後は世界のバスケットボールのレベルが高まり、多くの国からNBAスターが誕生するに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA