【スポンサーリンク】

マジック・ジョンソンがラッセル・ウェストブルックにアドバイス「説明責任を果たせ」

ラッセル・ウェストブルックのトレードの噂が再加熱し始めている。

レイカーズはここ2試合のウェストブルックのパフォーマンスを受け、ウェストブルックのトレードを急ぐ可能性があると報じられているが、トレードが実現する保証はない。

そんな中、NBAレジェンドのマジック・ジョンソンがウェストブルックにアドバイスを送った模様。

ジョンソンによると、過激化するファンをなだめるためにも、ウェストブルックは良いパフォーマンスをしていないことを公の場で認めなければならないという。

ジョンソンはウェストブルックについて次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

まずは説明責任を果たせ。

僕は良いプレイをしなければ良いプレイをしなかったと言う。

1984年にセルティックスと対戦した時、僕は十分なパフォーマンスを見せることができなかった。

僕はそれを認めた。

説明責任を果たしたんだ。

それがラッセルがやるべきことだ。

メディアと戦うのをやめ、ファンと戦うのをやめ、ただ「僕は良いプレイをしなかった。だが、もっと良いプレイをする」と言え。

そしてコートに出て、パフォーマンスで証明しろ。

それが今の状況を止める方法だ。

だが、君はそうしていない。

君は抗い、ファンやメディアに対して怒り狂っている。

それではダメだ。

ジョンソンによると、1984年のNBAファイナルでセルティックスに敗れた後、ジョンソンはレイカーズファンに謝罪し、その後コートでベストパフォーマンスを見せたことにより、ファンを魅了することができたという。

ウェストブルックはFG11本すべてミスしたロサンゼルス・クリッパーズ戦の後、ディフェンスでの貢献を主張し、「僕は求められていることをやっている」とシュートについては気にしていないとした。

だが、ファンの怒りが収まることはない。

ウェストブルックがジョンソンのアドバイスを受け入れ、そこから前に進むことを願うばかりだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    弁明しても、その後活躍できないし無理無理

  2. By 匿名

    する必要ないだろ

*

CAPTCHA