【スポンサーリンク】

フリースローの改善が求められるニコラス・クラクストン「恐怖心はない」

フリースローの改善が求められるニコラス・クラクストン「恐怖心はない」

NBAキャリア4年目を迎えているブルックリン・ネッツのニコラス・クラクストンは、先日行われたトロント・ラプターズ戦で素晴らしいパフォーマンスを見せた。

一方、フリースローの改善を望む声も少なくない。

だが、クラクストンによると、昨季までのフリースロー成功率は53.9%ではあるものの、フリースローシューターとして成長する自信を持っているという。

クラクストンはフリースローについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

僕は1試合あたり10回以上はフリースローラインに立ちたい。

(フリースローの改善が必要なことは)受け入れているし、取り組まなければならないことは分かっている。

このチャレンジを受け入れている。

恐怖心はない。

機会があるたびに決めるよう努力するだけだ。

それが選手としての僕の姿さ。

ネッツを指揮するスティーブ・カー ナッシュHCによると、クラクストンはフリースローに必死に取り組み、改善の兆候が見られるという。

フリースローは良くなってきている。

常にそうではないかもしれないが、彼は必死に取り組んでいるし、改善している。

だが、プレイを続けるタフさを持ち、動揺したり落ち込んだりせず、集中力を維持することが重要だ。

彼が集中力を維持すれば、ゲームに大きなインパクトをもたらすだろう。

ネッツのスターターにはフリースローを得意としていない選手が2人いる。

クラクストンとベン・シモンズだ。

フリースローが勝敗を分けることもあるため、彼らにはフリースローの改善を期待したいところだろう。

だが、クラクストンはこれからもフリースローの改善のために必死に取り組み、ネッツの勝利に貢献するに違いない。

なお、クラクストンの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

NOP戦TOR戦
出場時間24:4733:50
得点1319
リバウンド1011
アシスト00
スティール11
ブロックショット24
ターンオーバー40
FG成功率85.7%
(6/7)
72.7%
(8/11)
フリースロー成功率50.0%
(1/2)
37.5%
(3/8)
+/--15+9

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA