【スポンサーリンク】

2012-13 NBAオールルーキーチームが決定

2012-13シーズンのオールルーキー・ファーストチーム、セカンドチームが発表された。

今回はファーストチームに選出されたルーキーを紹介しよう。

ダミアン・リラード(POR)

最多ポイントを獲得したのは、今季のルーキー・オブ・ザ・イヤーにも輝いたダミアン・リラード。

ファーストプレイス29票、合計58ポイントを獲得しての選出となった。

ロサンゼルス・レイカーズとのデビュー戦ではいきなり23得点、11アシストしたリラードは、今季平均38.6分の出場時間で平均19得点、6.5アシストを記録している。

リラードがベンチに座っているとき、100ポゼッションあたりのチーム得点は93.5点であるのに対し、コートでプレイしているときは105.0点を記録。

ルーキーながら試合を支配する力をみせた。

ブラッドリー・ビール(WAS)

2012-13シーズン、ブラッドリー・ビールは平均13.9得点、3.8リバウンド、2.4アシストを記録。

13試合で20得点以上を挙げ、6試合で4本以上の3Pを決めた。

ファーストプレイス28票、セカンドプレイス1票、合計57ポイントを獲得しての選出。

アンソニー・デイビス(NOH)

2012-13シーズン前半は振るわなかったアンソニー・デイビスだが、オールスターブレイク明けから躍動。

シーズン後半は平均15.3得点、9.3リバウンドを記録した。

また、ダブルダブルを11回マークしている。

シーズン成績は、64試合の出場で13.5得点、8.2リバウンド、1.8ブロック、1.2スティール。

ファーストプレイス28票、セカンドプレイス1票、合計57ポイントを獲得しての選出となった。

ディオン・ウェイターズ(CLE)

ディオン・ウェイターズは2012-13シーズン、平均28.8分の出場で14.7得点、2.4リバウンド、3.0アシスト、1.0スティールを記録。

さらにダブルダブルを45回、うち14試合で20得点以上をマークした。

ファーストプレイス21票、セカンドプレイス8票、合計50ポイントを獲得しての選出。

ハリソン・バーンズ(GSW)

レギュラーシーズンで平均9.2得点、4.1リバウンド、1.2アシストを記録したハリソン・バーンズ。

チームの飛躍に貢献した選手のひとりだ。

ファーストプレイス18票、セカンドプレイス11票、合計47ポイントを獲得しての選出となった。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA