【スポンサーリンク】

2012-13シーズン クラッチタイム得点ランキング【16位~18位】

今回は2012-13レギュラーシーズンのクラッチタイム(ラスト5分)得点ランキング16位~18位を振り返ってみたいと思う。

第16位 ルー・ウィリアムス(ATL)

2012-13シーズンからホークスでプレイ。

シックスマンとして活躍していたが、シーズン前半に前十字靭帯断裂という重傷を負ってしまった。

クラッチタイムスタッツ

  • 平均2.7得点
  • 平均出場時間3.5分
  • FG成功率35.3%
  • 3P成功率36.8%
  • プレイ効果率+1.7

第17位 ステフィン・カリー(GSW)

3Pのスペシャリストとしてリーグを席捲。

NBAを代表するポイントガードとして成長を遂げている。

クラッチタイムスタッツ

  • 平均2.7得点
  • 平均出場時間3.9分
  • FG成功率37.3%
  • 3P成功率28.1%
  • プレイ効果率+1.3

第18位 タイ・ローソン(DEN)

スピードあふれるプレイでディフェンスをかき乱す。

チームの躍進を担う選手のひとりだ。

クラッチタイムスタッツ

  • 平均2.7得点
  • 平均出場時間4.4分
  • FG成功率46.4%
  • 3P成功率28.6%
  • プレイ効果率+1.5

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA