【スポンサーリンク】

マイケル・キッド=ギルクリスト、失望のルーキーシーズンについて語る

昨年のドラフト2位指名でシャーロット・ボブキャッツに入団したマイケル・キッド=ギルクリストは、指名順通りの活躍を見せることができなかった。

スモールフォワードとしてプレイしているキッド=ギルクリストが落胆しているのは、チームの21勝61敗という成績ではなく、自身がチームに貢献できなったという点についてだ。

ただ、彼自身の数字はそれほど悪くない。

平均9.0得点、5.8リバウンドを記録するなど、まずまずの成績だといえるだろう。

しかしながら、彼はこの数字に満足しておらず、次のようにコメントしている。

「自分自身に失望したよ。でも俺はチームメイトが好きだし、ルーキーシーズンには大きな収穫を得られたと思ってるんだ。自分自身には憤慨したけどね。目標を決めていたんだけど、何一つ達成できなかった。目標まであと1ゴール足りないってとこかな」

M・キッド=ギルクリスト ハイライトムービー①

 

2012-13シーズンはポートランド・トレイルブレイザーズのダミアン・リラードがルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞、鳴り物入りでNBAデビューを果たしたニューオーリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイビスはまずまずの成績を残した。

この2選手と比較すると、ドラフト指名順位で考えればキッド=ギルクリストの成績にはいささか不満が残るところだ。

来季を飛躍のシーズンとするため、キッド=ギルクリストはハードなワークアウトに取り組んでいる。

M・キッド=ギルクリスト ハイライトムービー②
2012-13シーズンスタッツ
  • 平均9.0得点
  • 平均1.5アシスト
  • 平均5.8リバウンド
  • 平均0.9ブロック
  • FG成功率45.8%
  • 3P成功率22.2%
  • FT成功率74.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA