【スポンサーリンク】

闘志を秘めるコービー・ブライアント

コービー・ブライアント

アキレス腱断裂からのリハビリを続けているロサンゼルス・レイカーズのコービー・ブライアントだが、復帰時期は依然として未定だ。

そんな中、先日ESPNがNBAのチームとプレイヤーをランキングにして発表した。

ESPNのランキングによると、レイカーズはウェスタン・カンファレンスの12位、ブライアントはNBAで25位。

これを受け、ブライアントはTwitterのアバターを“1225”に変更した。
まるで見返してやらんとばかりに。

K・ブライアント ハイライトムービー

2012年に開催されたロンドンオリンピックでチームUSAのメンバーとして金メダル獲得に貢献したブライアントだが、チームのトレーナーはブライアントの練習量に驚かされたという。

朝4時15分にブライアントからの電話でたたき起こされたトレーナーは、コンディションの調整をサポート。
すでに練習を始めていたブライアントは、汗を滝のようなかきながら、トレーナーの指導を受けた。
指導を終えたトレーナーはホテルの部屋に戻り、午前11時から始まるチーム練習までしばしの休息。

午前11時、トレーナーがチーム練習に加わったとき、すでにブライアントの姿があったという。

なんと驚くことに、ブライアントはトレーナーが休んでいた間もずっとシューティングを続けていたのだ。

当然、シューティング後のチーム練習もこなした。

ブライアントの練習量は尋常ではなく、毎日700~1000本のシューティングを欠かさないと言われている。

その練習量こそがブライアントの絶対的な自信となっているのだ。

ESPNの評価を覆すため、そして何より6個目のチャンピオンリングを獲得するため、ブライアントは静かに闘志を燃やしていることだろう。

午前6時からトレーニングを始めるK・ブライアント

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA