【スポンサーリンク】

ミルウォーキー・バックスvsニューヨーク・ニックス 10月31日結果

ミルウォーキー・バックスvsニューヨーク・ニックス 10月31日結果

日本時間10月31日のミルウォーキー・バックス対ニューヨーク・ニックス戦は、83-90でホームにニックスが勝利した。

レギュラーシーズン開幕まで先発メンバーを決めきれていなかったニックスのマイク・ウッドソンHCだが、この試合ではアンドレア・バルニャーニをベンチから起用し、先発にはスモールラインナップを選択。

これが功を奏し、25点の大量リードを奪って前半を折り返す。

第3Qに入ると一転、バックスが攻勢。
リードを一気に10点にまで縮められ、第4Qへ。

第4Qでもバックスの攻撃に苦しめられるものの、残り1分48秒からエースのカーメロ・アンソニーが連続得点、バックスのOJ・メイヨにジャンパーで返されるも、タイソン・チャンドラーの豪快なダンクで止めを刺した。

チャンドラーは5ブロックショットを記録し、ディフェンスでも貢献。
プレシーズンで活躍したティム・ハーダウェイjr.は約15分の出場ですべてのショットを決め、5得点を記録している。

なお、JR・スミス、アマレ・スターダマイヤーは出場していない。

一方のバックスは、試合序盤で精彩を欠いたことが大きな敗因といえるだろう。
ただ、試合開始直後に右足首を負傷して退場したブランドン・ナイトの状態が気になるところだ。

バックスvsニックス ハイライトムービー
1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
ミルウォーキー・バックス 18 13 33 19 83
ニューヨーク・ニックス 24 32 18 16 90

ミルウォーキー・バックス スタッツ

先発メンバー

ニューヨーク・ニックス スタッツ

先発メンバー

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA