【スポンサーリンク】

マイアミ・ヒートvsシカゴ・ブルズ 12月6日結果

マイアミ・ヒートvsシカゴ・ブルズ 12月6日結果

日本時間12月6日に行われたマイアミ・ヒート対シカゴ・ブルズ戦は、87-107でホームのブルズが圧勝した。

エースのデリック・ローズが離脱後、苦しい戦いを強いられているブルズだが、この日は王者相手に奮闘。

第1Qで主導権を握ると、その後もヒートに流れを渡すことなく勝利した。

中でも特筆すべきは、インサイド陣の奮起だろう。
ヒートの弱点とされるインサイドをジョアキム・ノア、カルロス・ブーザー、タージ・ギブソンらが支配。
リバウンド数でヒートに22本差をつけ、嬉しい勝利を飾った。

17得点、15リバウンドを挙げたノアは、
「俺たちにはデリックが必要だった。デリックが離脱して2週間が経つけど、彼なしでプレイするのは本当にきついね。デリック・ローズと一緒に勝ちたいよ」
とコメント。

また、19得点、6リバウンドを記録したギブソンは、
「デリックの離脱は本当に残念でならない。俺たちはファミリーだからね」
と話している。

一方、ドウェイン・ウェイドが風邪で欠場したものの、大差での完敗を喫したヒートは、対デトロイト・ピストンズ戦から2連敗。

21得点、5リバウンド、3スティールを挙げたレブロン・ジェイムスは、
「こんなにリバウンドが強いチームとは戦ったことがないよ。でも俺らは打ち勝っていかなければならないんだ。俺ももっとリバウンドを取らなきゃ。でもチームで取り組まなきゃいけない課題でもあるんだ。俺たちのチームにケビン・ラブやジョアキム・ノア、ドワイト・ハワードはいないからね。彼らはひとりで15リバウンド以上をとれるけど、俺たちはチームとしてやっていかなきゃいけない」
と弱点とされるインサイドでのプレイについて話した。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
マイアミ・ヒート 20 24 19 24 87
シカゴ・ブルズ 29 29 27 22 107

マイアミ・ヒート スタッツ

先発メンバー

シカゴ・ブルズ スタッツ

先発メンバー
ヒートvsブルズ ハイライト動画

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 21

    いつも更新ありがとうございます。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^-^)
      そのお言葉が何よりです!
      モチベーションが高まりますね!
      これからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m

*

CAPTCHA