【スポンサーリンク】

ジョアキム・ノア 「パークはウザい男」

ジョアキム・ノア

先日行われたシカゴ・ブルズ対オクラホマシティ・サンダー戦の後、ブルズのジョアキム・ノアは、かつての戦友であるタボ・セフォローシャと会話をするためにサンダーのロッカールームを訪ねていた。

その際、サンダーのケンドリック・パーキンスがノアに対して激しい口調でロッカールームから出て行くよう罵倒。
ノアとパーキンスの間に身体的な接触はなかったようだが、ノアがバスに向かうまで口論を続けていたという。

ノアはサンダーのロッカールームに入ったのは軽率だったとしつつ、一連の出来事についてコメントを出した。

「もうこれ以上話すことはないよ。何も起こらなかったし、大したことじゃないんだ。サンダーのロッカールームに行くべきじゃなかった。ただタボとは親しいし、挨拶したかっただけなんだけどね。本当に大したことじゃないよ。でもパーク(パーキンス)はウザい男だね」

ちなみに、リーグ屈指のプレイヤー、そしてパフォーマーとしてNBAを盛り上げたシャキール・オニールとチャールズ・バークレーは、ノアとパーキンスのやり取りを楽しそうに論じている。

INSIDE NBA

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA