【スポンサーリンク】

ラマーカス・オルドリッジ X線検査の結果はネガティブか?

ラマーカス・オルドリッジ

日本時間13日のポートランド・トレイルブレイザーズ対サンアントニオ・スパーズ戦の第3Q、ラマーカス・オルドリッジがアーロン・ベインズともつれ、コートに激しく叩きつけられた。

自力で歩けなかったオルドリッジは、2人のチームメイトに支えられてコートを後にし、X線検査を受けたが、ブレイザーズの広報によるとX線検査の結果はネガティブとされている。

もしオルドリッジが長期離脱するとなると、ブレイザーズには大きな痛手となるだろう。

今季のオルドリッジは平均23.4得点、11.1リバウンドを記録。
好調なブレイザーズを支える大きな要因となっているのは間違いない。

オルドリッジがコートに立っている時とベンチに座っている時では、ブレイザーズは明らかに違うチームになる。

オルドリッジがコートに立っている時のオフェンス・レーティングは110.3、ディフェンス・レーティングは103.9、効果率はプラス6.3、ベンチに座っている時のオフェンス・レーティングは104.0、ディフェンス・レーティングは106.6、効果率はマイナス2.6だ。

オルドリッジが復帰するまでの間、ドレル・ライトが先発を務める模様。

ただ、ライトが先発した試合ではディフェンス面の改善が見られている。

以下がそれぞれが先発出場した際の数字だ。

オルドリッジが先発出場
  • オフェンス・レーティング:111.5
  • ディフェンス・レーティング:103.9
  • 効果率:プラス7.6
ライトが先発出場
  • オフェンス・レーティング:104.0
  • ディフェンス・レーティング:97.3
  • 効果率:プラス6.6

オルドリッジが不在の間、ライトがディフェンスで貢献することができれば、ブレイザーズは大きく成績を落とすことはなだろう。

※追記:診断結果は打撲。約2試合の欠場になるとのこと

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA