【スポンサーリンク】

レイジョン・ロンド「ペリカンズに負けたのは俺の責任」

レイジョン・ロンド

日本時間17日のニューオーリンズ・ペリカンズ対ボストン・セルティックス戦はオーバータイムにもつれる激戦となったが、試合を制したのはアウェイのペリカンズだった。

約45分の出場でFG14本中わずか3本に終わったロンドは、オーバータイムではフローターと3Pを失敗。
セルティックスに勝利をもたらすことができなかった。

だが、ロンドは得点だけで貢献しているわけではない。

この試合でも8リバウンド、14アシストを挙げ、多くのチャンスメイクを演出している。

ターンオーバーをわずか2に抑えたという点も特筆すべきだろう。

それにもかかわらず、ロンドは自分自身に敗戦の責任を感じているようだ。

ポール・ピアース、ケビン・ガーネットという2枚看板を失ったセルティックスだが、ロンドにチームリーダーとしての自覚が芽生え始めたともいえる。

試合後、ロンドは次のようにコメント。

「まだまだ足りない。試合を決めるようなプレイをしなくちゃね。(この負けは)俺のせいだ」

この試合ではペリカンズのアンソニー・デイビスが40得点、21リバウンド、3アシスト、3ブロックを大活躍したことが大きな敗因として考えられ、決してロンドが責任を感じる必要はない。

それでも責任を感じているロンドは、ようやくチームの再建へ向けて本気になりだしたのかもしれない。

セルティックスvsペリカンズ ハイライト動画

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By The truth

    セントパトリックデーは
    半袖ユニだったんですね〜〜
    NBAは半袖押しを変えないみたいですね
    タンクトップのがかっこいいんですがね

    プレーオフモデルも確実にでそうですね笑

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^-^)

      半袖は止めてほしいですよね・・・
      絶対に着たくない!

*

CAPTCHA