【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス ヒートの不振に苛立ちを見せる

レブロン・ジェイムス

ここ2週間、王者のマイアミ・ヒートにとって辛い試合が続いている。

NBA三連覇を狙うヒートにとって、ここ11試合で7敗という成績は受け入れられないことなのだろう。

それを顕著に示しているのが、レブロン・ジェイムスだ。

先日の対ニューオーリンズ・ペリカンズ戦で、ジェイムスは背中の痙攣と足首の負傷を抱えながら戦ったものの、まさかの敗戦を喫した。

試合後、ジェイムスは苛立ちを隠すことなく次のように話している。

「言い訳はたくさんある。今の俺らは全然良くない」

ドウェイン・ウェイドとグレッグ・オデンが膝を休ませるために欠場し、ヒートはこの試合の先発メンバーを変更して臨んだが、先発メンバーの変更は今季18回目。

このことについて質問されたジェイムスは、
「俺らのスターターは常に変化してるんだ。コートに立ったらチームに貢献しないといけない。単純なことだよ。本当にフラストレーションが溜まる。俺らは同じ方向を見てなきゃいけないんだ。今俺らがやってることは何がなんだか分からない。でも答えを見つけ出さなきゃね」
と答えている。

プレイオフを戦い抜くためには、健全なフィジカルとメンタルが不可欠だ。

今のヒートにはそのどちらも欠けている。

「俺らはまとまらなきゃいけないのに、話し合いができてない。ロッカールームでもコートでも自分自身を誰も表現できてないんだ。だから俺が言うんだ。もっと良いプレイができなければ、チャンピオンシップのゲームを自宅で観ることになるだろうね」

そう語気を荒げるジェイムスだが、この発言でヒートの選手が発奮するのか注目したい。

ヒートは日本時間25日にポートランド・トレイルブレイザーズと、26日に宿敵インディアナ・ペイサーズとの対戦を控えている。

強豪2チームとの対戦で、ヒートの現状がより浮き彫りになることだろう。

対ペリカンズ戦 ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA