ドレイモンド・グリーン「自分のレベルでプレイしてたら3勝0敗」

【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーン

ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは、クリーヴランド・キャバリアーズとのファイナルで調子を落としている。

腰の痛みが影響しているのかもしれないが、グリーンの不調はウォリアーズにとって大きなマイナスポイントと言えるだろう。

そのグリーンは自身について次のようにコメント。Bay Area New Groupsがグリーンのコメントを伝えた。

 

「自分のレベルでプレイしていたたら、俺らが3勝0敗でリードしてたと思うよ。だけど、俺はそれができてない。だから俺らは1勝2敗でリードされてるんだ。俺の責任だよ」

そう話すグリーンだが、スティーブ・カーHCはウォリアーズのスピーディーなオフェンスを際立たせるため、ファイナル第4戦でグリーンを先発センターとして起用。
アンドリュー・ボガットをベンチ起用とし、アンドレ・イグダーラを先発起用した。

グリーンはカーHCの期待に応え、前半終了時までに13得点を記録している。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 名無しのPHOファン

    ドラモンドじゃなくてイグドラじゃない?

    • By nba-sweetdays

      ご指摘ありがとうございます。

      おっしゃるとおりです!
      助かりましたm(_ _)m

*

CAPTCHA