レブロン・ジェイムス「失うものはなにもない」

【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス

シーズン序盤にセンターのアンダーソン・バレジャオがアキレス腱で今季全休となると、プレイオフに入ってからはケビン・ラブが左肩脱臼で、カイリー・アービングが左膝蓋骨の骨折で離脱したクリーヴランド・キャバリアーズ。

イマン・シャンパートが肩に痛みを、マシュー・デラベドバが重度の痙攣を起こすなど、キャブスは満身創痍の状態でファイナルを戦っている。

そんな中、レブロン・ジェイムスが改めてリーグトップの選手であることを知らしめるようなパフォーマンスを発揮。

圧倒的なプレイでキャブスを牽引しているジェイムスだが、負傷離脱者が出たことで闘志に火がついたようだ。ジェイムスのコメントをRealGMが伝えている。

 

「現時点でやらなきゃいけないことをやるだけ。評価が低いことや人手不足など、今の我々にとってすべてが向かい風なんだ。俺らに失うものなんてない。チームのみんなはまっすぐなモチベーションでプレイしてる。このシリーズだけじゃなく、プレイオフに入ってからだけじゃなく、シーズンに入ってからじゃなく。彼ら全員はプロのキャリアを積んでる。カレッジなどのキャリアも含めてね」

悲願のラリー・オブライエン・トロフィーをクリーヴランドにもたらすまで、あと2勝まで迫っている。

だが、相手は勢いに乗ると止まらないゴールデンステイト・ウォリアーズだ。

例年以上の大激戦となっているファイナルだけに、最後まで激戦が続くだろう。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 一番搾り

    こうまでクリーブランドが不利だと、逆に応援したくなる(^^;
    頑張れ!キング‼

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      その気持ち、わかります!

*

CAPTCHA