ドウェイン・ケーシーHC「ラプターズは正しい方向へ向かってる」

【スポンサーリンク】

ドウェイン・ケーシー

2014-15シーズンのトロント・ラプターズはレギュラーシーズンで49勝33敗、イースタン・カンファレンス4位でプレイオフ進出を決めるも、ファーストラウンドでワシントン・ウィザーズ相手に1勝もあげられないまま姿を消した。

この敗戦により、ラプターズのドウェイン・ケーシーHC解任論が浮上しているが、ケーシーHC本人はまったく気にしていないようだ。ケーシーHCのコメントをSportsnetが伝えている。

 

「自分の仕事については心配してないよ。これまでも、これからもね。マサイ(・ウジリGM)はコーチングスタッフやチーム、組織全体を評価する権利がある」

「我々はコーチングスタッフとしてミスを犯したかい?組織や選手としてミスを犯したかい?そう、我々全員がミスを犯した。我々全員にすべての責任がある。だけど、我々は大きな絵を描いてるし、昨年のスタート地点から正しい方向へ進んでるんだ」

1995年の創設以来、ラプターズがプレイオフに進出したのは7回。
うち6回はファーストラウンドで敗れている。

ケーシーHCが来季も指揮を執るのであれば、進退をかけたシーズンになるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA