アンソニー・デイビス「これまでずっと3Pを打ってきた」

【スポンサーリンク】

ニューオーリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイビスは、これからのリーグを牽引していくであろうスタープレイヤーのひとりだ。

このオフにはダイエットとフィジカルの強化に成功したとされるデイビスだが、それだけにとどまっているわけではない。

オフェンスのより強力なオプションとなるため、3Pショットの練習にも取り組んでいる。

そのデイビスが、来季のスタイルについて言及。slamonline.comが伝えた。

「(3Pを)混ぜていくつもりだよ。低いポジションでのプレイが大好きなんだけど、もし機会があれば間違いなく3Pを打つつもりなんだ。確かなことのひとつは、コーチ・ジェントリーに「シュートを打て」と言われたこと。だから練習し続けてるし、すごく自信がある」

「俺はこれまでずっと3Pを打ってきた。ここ数年は打つ必要が本当になかったけど、3Pを考えてないわけじゃない。特にコーチが俺に3Pを打ってもらいたいならね。今年は間違いなく3Pを利用させてもらうつもりさ」

デイビスが昨季のレギュラーシーズンで放った3Pは、わずか12本。
そのうち1本しか成功させていない。

また、キャリア3年では合計27本の3Pを放ち、成功したのはわずか3本。
キャリアでの3P成功率は11.1%と、非常に低い。

とはいえ、リーグ入りしてからというもの、他に優秀なシューターがいるということもあり、3Pの練習に重点的に取り組んだことはほとんどなかっただろう。

だが、ゴールデンステイト・ウォリアーズを40年ぶりのタイトル獲得へ導いたアルビン・ジェントリーHCの下、デイビスの意識も変わり始めている。

デイビスは果たしてどこまで成長していくのだろうか?

来季以降のデイビスから目が離せない。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 通りすがり

    ちょっと勘違いしちゃう人もいるかも。

    >だが、ゴールデンステイト・ウォリアーズを40年ぶりのタイトル獲得へ導いたアルビン・ジェントリーHCの下

    だが、アシスタントコーチとしてゴールデンステイト・ウォリアーズを40年ぶりのタイトル獲得へ導いたアルビン・ジェントリーHCの下

    の方が的確かもなーと。

    • By nba-sweetdays

      ご指摘ありがとうございます。

      確かにそのほうがわかりやすいですね(^_^;)
      ありがとうございましたm(_ _)m

*

CAPTCHA