ウルブズ アンソニー・ベネットのトレード計画を撤回か?

【スポンサーリンク】

ミネソタ・ティンバーウルブズのアンソニー・ベネットには、先日からトレードの噂が出ている。

だが、来季もウルブズのメンバーとして戦うこととなりそうだ。

フリップ・ソーンダースHCが癌との闘病生活に入ったことにより、しばらくはアシスタントコーチのサム・ミッチェルが臨時HCを務めることとなったウルブズだが、オーナーのグレン・テイラーはミッチェルHCのシステム、そしてベネットのトレードの噂について次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「ミッチェルはフリップのシステムを90%採用して、残りの10%は彼のシステムで戦うだろうね」

「我々は彼(ベネット)が他のどこかに行くことを当然のことと思うべきじゃない。アンソニーは良い夏を過ごしたからね」

テイラーのこの発言により、このオフにベネットがトレードされる可能性は限りなく低くなったと見て良いだろう。

幸いにも、ウルブズにはケビン・ガーネットという偉大なベテランプレイヤーがいる。

ガーネットの熱い指導により、ベネットが開花することを祈りたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA