ドレイモンド・グリーン「ケビン・デュラントは最も過小評価のトラッシュトーカー」

【スポンサーリンク】

ゴールデンステイト・ウォリアーズの40年ぶりとなるタイトル獲得に貢献したドレイモンド・グリーンは、現在のリーグにおいてベストトラッシュトーカーのひとりに挙げられている。

そのグリーンが、オクラホマシティ・サンダーのケビン・デュラントに言及。

トラッシュトーカートして挙げられることはあまりないデュラントだが、グリーンによると、デュラントはリーグで最も過小評価されているトラッシュトーカーだという。グリーンのコメントをnewsok.comが伝えた。

「俺が誰を偉大なトラッシュトーカーだと思ってるか、分かってるだろ?だけど、彼は過小評価されてる。俺はケビン・デュラントだと思う。多くの人たちはそれを知らない。だけど彼と対戦すれば分かるよ」

「KDは相手を気分悪くさせるんだ。世界で最もおかしなことだよ。リーグでの3年間、俺とKDはバトルを繰り広げてきた。だけど、彼が53得点をあげたときは何も言い返せないよね」

来季の完全復帰が期待されているデュラントだが、再びグリーンと熱いトラッシュトークバトルを繰り広げるのだろう。

連覇を狙うウォリアーズと、プレイオフ復帰を狙うサンダー。

グリーンとデュラントだけでなく、両チームのメンバーも激しいバトルを繰り広げるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA