マット・バーンズ 別居中の妻とデレック・フィッシャーHCのデート報道に怒り心頭

【PR】

このオフのトレードでメンフィス・グリズリーズに移籍したマット・バーンズは、妻であるグロリア・ゴバンと別居中であり、現在は離婚協議が進められている。

離婚協議中にバーンズは世界的シンガーのリアーナを口説こうとするも、バーンズの望みはリアーナによってコテンパンに打ち砕かれた。

意気消沈のバーンズだったが、ニューヨーク・ニックスのヘッドコーチであり、元チームメイトであるデレック・フィッシャーに激しく怒っている模様。

the New York Postによると、フィッシャーとゴバンは親しい仲にあり、数カ月の間デートを繰り返しているという。

また、フィッシャーとゴバンがロサンゼルスで一緒にいることが分かると、バーンズはフィッシャーに文句を言うため、ロサンゼルスまで車を飛ばしたとも噂されている。

なお、フィッシャーは先日のニックスのチーム練習を「個人的理由」で欠席したようだ。

バーンズとゴバンの離婚協議はまだ成立しておらず、もしフィッシャーとゴバンが恋人関係にあるのであれば、不貞行為とみなされるだろう。

この件については、リーグが本格的に調査に乗り出すとされている。

ちなみに、フィッシャーがロサンゼルス・レイカーズを離れる際、バーンズはフィッシャーについて次のようにコメントしていた。

「彼は偉大なプレイヤーであり、偉大なリーダだけど、それ以上に良い人間なんだ」

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読