タイリーク・エバンス 右膝負傷で関節鏡視下手術を受ける

【スポンサーリンク】

ニューオーリンズ・ペリカンズのタイリーク・エバンスが右膝を負傷し、関節鏡視下手術を受けた模様。ペリカンズが公式ホームページで発表している。

復帰までのタイムスケジュールは明らかになっていないが、開幕戦までの復帰は絶望的だろう。

ペリカンズでは、バックアップポイントガードのノリス・コールが重度の足首捻挫で離脱中。

先発ポイントガードのジュルー・ホリーデーは復帰するものの、しばらくは出場時間の制限が続くため、複数のポジションでプレイできるエバンスにはポイントガードとしての役割も期待されていた。

2015-16シーズンからペリカンズを率いることになったアルビン・ジェントリーHCは、難しい指揮を余儀なくされる。

ジェントリーHCはタイトル獲得という高い目標を掲げているも、その条件として「健康な状態であれば」していた。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA