ケビン・デュラント 相棒のラッセル・ウェストブルックについて「俺らのベストプレイヤー」

【スポンサーリンク】

オクラホマシティ・サンダーはケビン・デュラントとラッセル・ウェストブルックの両エースが牽引するチームだ。

互いを認め合い、凌ぎを削っているデュラントとウェストブルックだが、どちらがチームのベストプレイヤーなのだろうか?

その質問に対し、デュラントは次のようにコメントした模様。The Oklahomanが伝えている。

「俺らは俺らのベストプレイヤー、ラッセルに行かせる。彼にゲームをコントロールさせるんだ」

半分冗談交じりで話すデュラントだが、デュラントがそのような姿勢を続けることで両エースのケミストリーがさらに高まっていくのだろう。

一方で、この発言が自信喪失から来ているものではないことを願いたい。

なお、今季5試合を終えた時点でウェストブルックは平均28.6得点、7.0リバウンド、10.6アシスト、2.0スティール、FG成功率49.5%、3P成功率36.7%を記録。

デュラントは平均29.2得点、6.2リバウンド、2.2アシスト、1.6ブロックショット、FG成功率49.5%、3P成功率41.2%と、両者ともエースの称号に違わぬパフォーマンスを見せている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA