ケビン・ラブ 再契約前のレブロン・ジェイムスとの会話を明かす

【PR】

昨年夏のトレードでクリーヴランド・キャバリアーズに移籍したケビン・ラブにとって、昨季は期待外れの1年だったと言えよう。

レブロン・ジェイムスの電話でキャブス移籍を決断したともされるラブだが、そのジェイムスとは不仲説が取り沙汰される始末。

だが、ラブとジェイムスは昨季終了後にマンツーマンで話し合い、互いの考えをぶつけ合うことで信頼関係を強めた。

ジェイムスとの話し合いを振り返り、ラブは次のようにコメント。Akron Beacon Journalが伝えている。

「彼(ジェイムス)が考えてたこと、チームがどういう方向に向かってるかということ、俺らが何を達成したいのかということを何よりも知りたかった。いつだって『俺らは』とか『俺らに』という言葉が使われてたよ。『君は俺にこう話さなきゃいけない』みたいなセリフなんて一度も出てこなかったんだ」

つまり、その時からジェイムスはラブをチームメイトとして認め、キャブスの大きなオプションとして考えていたのだろう。

そのジェイムスは今季のラブについて「俺らのオフェンスの中心となる」と称賛している。

今後はラブとジェイムスのコンビプレイにも期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読