ジャリル・オカフォー 10月にもストリートファイトを繰り広げたことが発覚

【PR】

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのルーキーセンター、ジャリル・オカフォーは先日、ボストンにあるナイトクラブの店外で複数の男性と口論になり、ストリートファイトを繰り広げた。

複数の男性に「お前らはこれからも絶対に勝てない」と挑発され、暴力を働いたとされているが、これは相手側にも問題がある。

だが、オカフォーは10月にも一般人とストリートファイトを繰り広げていた模様。

CSNPhilly.comによると、オカフォーとその友人は日本時間10月5日、車に乗っている2人と口論になり、開いている窓からオカフォーがドライバーに殴りかかった様子が目撃されていたという。

口論はさらに熱を帯び、口論相手となった2人は車を降りると、オカフォーとその友人に銃を突きつけた様子も確認されているようだ。

口論はその場で決着を見たものの、助手席に乗っていた男は逃走したとされている。

この事件については現在警察が調査中だ。

オカフォーは絡まれやすい性分なのだろうか?

とはいえ、今後のキャリアが危険に陥るリスクも否定できないため、プライベートでも成長してもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読